【Fリーグ2014-15】第16節 浦安×すみだ「すみだ、アウェーの地で浦安に勝利。」


スポンサーリンク

 Fリーグ2014/2015 powered by inゼリー第16節、バルドラール浦安×フウガドールすみだの試合。

 この試合は、1-3ですみだが勝利した。全体的に見れば、浦安がすみだを押し込んでいた印象が強い。しかしすみだは、少ないカウンターから確実にネットを揺らし勝利を手繰り寄せた。

 

 高いポゼッションで序盤から優位に立っていた浦安だが、8分にカウンターから、田口元気の得点を許してしまう。前半はこのまま0-1のすみだリードで終了。浦安としては、後半に巻き返しを図りたいところだった。

 

 しかし浦安にとって、後半は波乱続きだった。31分、左サイドですみだの杉尾浩平が荒牧太郎を振り切りドリブル。前線に上がりゴール前へパスを送ると、これを金川が決めてすみだが2点目を奪った。

 

 2点差をつけられた浦安は後がなくなってしまうが、33分、荒牧太郎が2枚目のイエローカードで退場。さらに直後、完山徹一も同様に2枚目のイエローカード。浦安はコートに3人という異例の状況となってしまう。

 ここで追加点を挙げたいすみだだが、浦安のゴレイロ藤原潤が奮起。好セーブを連発しゴールを死守。2人がフィールドへ補充されるまで、無失点で抑えてみせた。

 

 再び士気をを高くした浦安は36分、パワープレーから中島孝が決めて1-2に。さらに追加点を挙げるべく猛攻を続けるが、38分にすみだのカウンター。再び杉尾浩平がドリブル突破を見せると、前線の田村佳翔へパスが渡り体ごと押し込んで1-3。このゴールで試合は決着となった。

 

「浦安というチームの強さに敬意を抱いています。それだけ自分たちのやりたい事が思った以上に出来なかった。途中から方向展開をしてなんとか勝つことが出来たが、もっと自分たちが主導権を握って勝ちに行けるようになりたい。」(すみだ・須賀雄大監督)

 

「シミュレーションをしていく中で、負けるとしたらこういう試合なのかなと、思ったとおりの負け方をしてしまった。最初点取れなくて、イージーなミスで失点してしまうとこういう展開になってしまう。試合はすぐにあるので、修正して次に臨みたいと思います。」(浦安・米川正夫監督)

 

 今季3回目の浦安戦で、ようやくすみだが1勝を掴んだ。この試合の様子を、ギャラリーでもご覧ください。

 

 

★関連リンク★

【関東1部2014】第13節 浦安セグンド・田中優輝「もっとやらなければいけない。」

【関東1部2014】第13節 カフリンガ×浦安セグンド「カフリンガ、ホームにて浦安セグンドと分ける」

 

※掲載写真の無断転載は禁止しております。詳細はコチラ

バルドラール浦安 1-3 フウガドールすみだ

スポンサーリンク


(写真・文 箕輪諒太)