「Minha vida e futsal」vol.5「イタリア遠征」


皆さんこんにちは!

今回は高校生時代の話ではなく、先日まで行っていた日本代表イタリア遠征のことを書きたいと思います。

 

10月1日〜13日の約2週間のスケジュールで、イタリア遠征に行ってきました。イタリアはローマまで、成田から約12時間の長旅。

個人的には初のイタリアであり、現地のクラブチームと6試合対戦出来るということで、非常に楽しみにしていました。

 

 

最終的な戦績は、2勝3敗1分。もう少し勝ちたかったというのが正直な印象です。

 

 

イタリアのクラブチームと初めて試合をしましたが、

一番思ったことは、みんなでかい、ということ。

 

身長もですが、何より身体の厚みが日本人選手の2倍近くあったと思います。180㎝以上の選手がゴロゴロいました。

僕は日本代表メンバーのFPでは一番身長が高いですが、僕より身長が高い選手がたくさんいました(笑)。

 

フットサルもその身体能力を生かして個人の能力で攻める、マンツーマンでディフェンスしてくるチームがほとんどでした。

その中で、レアルリエッティだけは非常に戦術的なフットサルをしてきましたね。助っ人もスペイン人でしたし。


そんな中でも日本代表らしいフットサルが体現出来たと思います。

しっかりと組織だったディフェンスのプレッシングと、全員が動きながらパスを回して相手のプレスを回避し、ピヴォをうまく使った攻撃。

セットプレーでも相手に脅威を与えることができました。

 

この経験は、身体が大きい選手が多い国との対戦に生かせるのではないかと思っています。

パワープレーで試合をひっくり返してしまう強さや、攻撃の圧力など、学ぶことも多かったです。

 

この経験というのは今後に必ず生きてくると思います。

 

 

 

さて、フットサルとは別の観点でのイタリアを書きたいと思います。

 

 

まずは食事。

朝食はヨーロッパならではのパン中心にハムやチーズ、フルーツやスクランブルエッグなど。次に昼食。いや昼食も夕食も同じです。

 

サラダに始まり、次にパスタが80%(笑)。

 

肉や魚のメイン、パスタ時々ピザ時々リゾットという感じでした。

イタリアでは本当に毎日パスタを食べてるんだと実感。

 

さらに、ホテルの外に出て食事した時には特大のピザが。

ホテルでも、ピザが出る時は基本的に一人で丸々一枚食べることに・・・。

みんな言ってましたが、1年分のパスタとピザを食べた気がします。

・・・しばらくはいらないですね(笑)。でも、本場のピザやパスタは美味しかったです。

 

食事に関しては日本人に合うと思います。毎日パスタを食べても大丈夫であれば。

 

 

街並みもきれいでしたし、何よりイタリア人は愛想が良いです。

観光地はコロッセオしか見れませんでしたが、見所もたくさんありオススメの国です。

僕も今度はプライベートで行きたいなと思いました。

 

以上、イタリアレポートでした。

 

次回もお楽しみに。

 

 

 

ーー最後に、私事ですが怪我をしてリハビリに励む毎日です。


1日でも早く復帰できるように頑張ります!

 

〜今日の1枚〜

今回の1枚はイタリアならではの特大ピザです! でかい・・・笑

筆者: 渡邊 知晃
1986年4月29日生
GAZIL→フウガ目黒(現フウガドールすみだ)→ステラミーゴいわて花巻→名古屋オーシャンズ

Fリーグ・名古屋オーシャンズに所属し、日本代表でも活躍を見せる大型ピヴォ。

順天堂大学"GAZIL"よりフットサルを始め、フウガ目黒(現フウガドールすみだ)、ステラミーゴいわて花巻と、多くのクラブを経験、ステップアップを果たし、現在に至る。

 渡邉知晃オフィシャルブログ「Valuable Things」


スポンサーリンク